ぶらりローカル線の旅、余市へ☆

余市へGO
c0149246_08305869.jpg
毎日毎日キンキンに冷える北海道、笑。

この寒さと肩こりを和らげたいと、昨日温泉へ行きたくなり、たまには小樽方面へ行ってみようかと手稲駅からプチぶらり旅決行、笑。
普通列車に乗込んで、のんびりローカル線の旅モドキをしてきました〜。
c0149246_08335886.jpg
私は石狩市民で、手稲駅へ行くためには石狩花川の藤学園前からバスに乗込みます。
他にもう一本違うルートがありますが、時間が合いませんでした〜。

13時に家を出た時はお天気が中々のどんより加減で雪も降っており、やっぱりやめようかなーと思いながらも、いやいやせっかく出発したし、、と、テクテク歩きました。

JRが止まってたらどっかでご飯食べて帰ってこようと言う得意の行き当たりバッチリスタイルです〜♪(´ε` )

13:16 藤学園前-手稲駅
13:54 手稲駅-小樽駅

手稲駅からJRに乗るのはまだ2回目なので、新鮮でワクワクします。
乗り物が大好きなんですー、笑☆

c0149246_08335920.jpg
THE冬の雪国日本海。
寂しい冬景色あるある。
だから冬は何だか苦手である。

しかし、、、

途中から青空がチラホラ見えて、あれ?あれれ?
小樽に着いたらお日様が見えてきましたよ〜♪

と、言う事で、、、

乗り換えして余市まで行ってみる事にしました!
余市川温泉の源泉に浸かって肩をほぐそう!作戦です。
c0149246_08310306.jpg
それにしても、こちら方面のJRはとにかく外国人観光客が多いですね!
皆さん大荷物を抱えて倶知安ニセコ方面へ行くんでしょうね〜。

小樽駅で、なるとのザンギとかオヤツとか買い込んで、観光客に混じるアタクシめでございます、笑。

15:05 小樽-余市
中々車内は混んでいて座れないほど!
と、言うのも、ここの所の大雪で一本電車が運休してました。

15:40 ビックリ余市は晴天!でございます☆
そして、小樽から余市ってこんな近かったんですね〜♪

なんだか急に楽しくなって来て、笑、テクテク歩いて温泉に向かう事にしました、が、一緒に降りた観光客の後を歩いて行くと、、、

皆、ここだここだ!言うから、、、

思わずつられて行っちゃいました、、、

笑。



なんと余市駅から歩いて5分もかからない!?

こんな近かったの〜?
マッサン!!
c0149246_08310658.jpg
そして、見学も無料なんですねー!
ビックリ!

久しぶりに写真をパシャパシャ撮りました。
でも、すぐiPhoneが寒さで落ちちゃいます。

RITAハウスやマッサンハウスも見られて嬉しい♡
朝ドラ見ていたので蘇りました〜。

歩けば歩くほど青空になって、雪景色がめちゃめちゃ綺麗〜♪( ´▽`)
c0149246_08311097.jpg
第1号ウイスキーとか、なんか妙に感動しちゃいましたよ、マッサン。
c0149246_08311483.jpg
懐かしい草刈正雄の素敵なポスター、無料試飲もして、更におみやげもかいました、笑。
レストランもありましたが、入ってはいません。
次回にとっておきましょ。

なんちゃって観光、寄り道に乾杯♡
空気も清々しくて、とても良い時間を過ごすことが出来ました〜♪

この時期は本当に冬眠がちになってしまうのですが、、、冬の観光も悪くないですね〜。
ニッカウイスキー工場見学、オススメです⭐︎

c0149246_09323269.jpg
と、言う事で、夕暮れとともにウイスキーのかほり漂うニッカウヰスキーを後にしたのでした〜。

さささっと回っても敷地が広いので1時間はいたと思います。

ありがとう マッサン&リタ、また来ます。



余市川温泉へ

そして、やっと目的地の余市川温泉へ向かいます。
ニッカウヰスキー工場から歩いて余市川の橋を渡ってすぐのところにある温泉です。
写真には写ってませんが温泉の屋根にはスペースシャトルの模型がちょこんと乗っている有名な温泉です。

実はここも何回も通っていましたが、入るのは初めてなのです。

深くて熱い!でも、源泉♡
と言う話だけは何度も聞いていました。
17:00、到着でこんにちわーガラガラガラーと戸を開けると、昔ながらの銭湯のような雰囲気で、
これがまた私の大好物なニオイがプンプンする温泉施設でした、笑!

料金も、大人440円ですよ、わお〜☆

なんだかものすごく懐かしい感じ。
増毛のばあちゃんの家にいる感覚が蘇りました、笑。

パーマネントあてる器具もあるよ?!
動くのかなー、、、って思っていたら、地元のおばあちゃんが普通に頭入れて乾かしてました、笑!

最高です♪

私は流石にドライヤーを借りましたけどね、笑。

温泉は源泉100%との事で、若干濁っている感じです。
温度は、40.5〜42度、中々の熱さです。
そして本当に深いです、笑。
お風呂の中にちゃんと座る段もありますが、座った時に足がギリギリ着く感じです、笑。
この地元感あふれるレトロ銭湯の感じ、とても好きです。

永く地元民に愛用されている感がとても良いです。

熱くて長くは入って入られませんでしたが、めちゃめちゃあったまりました!
汗がダラダラとまりませんでした、笑。
c0149246_09304659.jpg
2階は食堂と休憩場があるようです。
今回は温泉だけで帰ります。

ありがとう余市川温泉♡
噂通りの良い温泉でした、笑☆


帰りは1時間に一本しかない小樽行きの普通に乗るため、またテクテク歩く事12〜3分。
雪が降って来ました。

19:20分くらい?の普通列車にのるため、駅に入ると、、

駅の人達は誰もおらず、無人駅になってました、笑!
そして、何処からか放送が流れて、、

お客様へお知らせいたしま〜す。
19時代の普通列車〜大雪の関係のため〜お休みさせて頂きま〜す。
次の列車〜余市発20:17分の普通列車をご利用下さ〜い。

なんとも軽快なアナウンス。
だがしかし、1時間も待たなくてはならなくなったのです。
しかも、ストーブ点いていない。

きゃー!
湯冷め!

笑!

何処かでご飯たべようかと思ったけど、もう19時過ぎてたので回りのお店は閉まっている模様。

そうこうしているうちに雪がモサモサ降って来て、さっきの天気は何処へやら、笑!

駅にあるパンフレットを見たら歩いて5分くらいの所につぼ八がある事を発見。

余市で、つぼ八、笑?!
と、一瞬笑がこみ上げましたが、笑、知らない土地での行き当たりばったり、、、
やはりなじみの庶民の台所はホッとしますね。
あたたかかった〜、笑!

ご飯を食べる場所、全くリサーチしていなかったのでした〜。
次はきっと海鮮を食べに来るよー☆

再び駅に着くと、これまた本当にJR来てくれるのかなと思うほど静かな雰囲気。

でも、ごしんぱいねぐ。
ちゃんと時間ぴったりに来てくれて、余市を後にしました。
c0149246_09304989.jpg

c0149246_09305116.jpg
ありがとう余市。
今度来るときは、もう少し早く来ます♡
美味しいご飯も食べに来ます。


と、言った行き当たりバッチリ?な、ぶらりローカル線の旅、いかがでしたか〜?

笑!

特にグルメの写真も無く〜、雪深い今の北海道の雪景色がリアルに伝わった投稿になりましたね〜、笑。

これからこちらへ来られる皆さま、是非しっかり防寒対策をして美しい雪景色を楽しんで下さいね〜☆

そして、雪国のJR事情は結構変わりますので〜、臨機応変対応をお心構えの上〜JRの旅を楽しみましょう。
普通列車にわか愛好家のつぶやきです。笑。

では、ぶらり情報以上でーす☆

また、旅ごっこしたいなぁ〜。
♪(´ε` )

[PR]

by uaction | 2018-02-19 08:28 | 日常のこと | Comments(0)  

<< 4月5月は工房アルティスタさんに〜☆ ありがとう雪まつり☆次は、、、、 >>